美肌のためのグリーンスムージー&野菜が逆効果になることも!?

→→ここでお伝えしたいこと←←

最近は、朝食にグリーンスムージーを飲むことが流行ってますよね。手軽にビタミンやミネラル、 酵素を摂取できるということで美肌のための習慣として素晴らしいと思いますが、 ちょっとした飲み方の違いで、効果に雲泥の差が生まれてしまうので、それについて解説したいと思います。

グリーンスムージーを作って、水筒に入れて会社でも飲んでます。⇒ヤバいです。

水と野菜と果物。これらを一緒にミキサーにかけて作るのがグリーンスムージーです。 野菜や果物のビタミンやミネラルを手軽に摂取できるということで、マルチビタミンのサプリメント代わりに飲んでいる人も多いのかな?と思います。

グリーンスムージーを飲むメリットはいろいろあると思いますが、個人的にはあって、食物繊維を摂取できるということ、加工されていないこともあって、 酵素やフィトケミカルといった重要栄養素がしっかり取れるということが大きいと思います。

野菜や果物というのは、皮や種といった部分にこそ、健康や美容に役立つ成分が凝縮されています。本来ならそういった部分は捨ててしまうと思うんですが、 グリーンスムージーの場合は、ミキサーでまとめて粉砕して、摂取できるので、非常に栄養価の高い飲み物を飲んでいることになるんですね。

美肌目的でグリーンスムージーを飲むなら、ビタミンCを中心に、皮膚の代謝を高めるビタミンA、皮脂の分泌を整えるビタミンB群に注目して野菜や果物を選んで レシピを作ってみるといいかもしれません。

気をつけないといけないのは、グリーンスムージーは時間が経てば酸化してきてしまうということです。 たくさん作って余ったものを冷蔵庫に置いておくとか、水筒に入れて、出先に持っていくということをやっている人もいると思うんですが、これはアウト。

時間が経てば経つほど、酸化がすすみ、スムージーに含まれている抗酸化成分がその酸化を防ぐのに使用されてしまって、どんどん栄養価が落ちていってしまうので、 グリーンスムージーは搾りたてを飲まないと意味がないんです。

グリーンスムージーは、毎回飲み切れるだけの量を作り、搾りたてを飲むということが大原則です。

とりあえずサラダをたっぷり食べればOK?⇒まったくもって不十分です。

食事からの栄養こそが美しい肌の材料となります。そのため食事に気をつかえるかどうかで肌の状態はもちろん、肌年齢も大きく変わってきます。 スキンケアにお金と時間と手間をかけてもあまりいいことはありませんが、食事(=料理)はお金と時間と手間をかけた分、美味しくなりますし、肌がきれいになります。

ところで、肌にいい食べ物としては、野菜や果物を思い浮かべる人が圧倒的に多いと思います。

なので、とりあえず野菜と果物はたくさん食べようと意識して、食事には必ず生野菜サラダをつけて、むしゃむしゃと食べている人も多いと思います。 心がけとしては立派ですが、いくつか注意点があるのでご紹介しておきますね。

まず、サラダによく使われているような色の薄い野菜というのは、ビタミン含有量が低めです。なので、お腹いっぱいのサラダを食べたとしても、 栄養価的には全然足りていないというケースが多いです。それから生野菜の場合は身体を冷やしてしまうことも考えられるので、 血行不良や肌の代謝を下げる原因になるので注意が必要です。

野菜をたっぷり食べようと思ったら栄養価の高い緑黄色野菜をスープにしたり、鍋に入れて食べたほうがカサが減って量を食べられますし、 効率的にビタミンやミネラルを摂取できます。なおかつ身体も冷やしません。

それから肌にとって忘れてはいけない栄養素は、タンパク質です。肉や魚の主成分であるタンパク質は、肌の材料になるものですから、 タンパク質が不足してしまうと、ハリや弾力がなくなりますし、肌荒れも起こしやすくなります。生命の維持には直接関わらないということで、タンパク質が不足すると真っ先に髪や爪、肌の状態が悪くなるんです。

ダイエットで食事制限をしたことがある人のなかには、ビタミンやミネラルはちゃんと摂取しているのになんで肌がボロボロになるのかと不思議に思ったことがある人もいると思うんですが、 それはタンパク質不足が原因だと思って間違いないです。

最近は動物性タンパク質が悪者にされているところがあって豆腐などの植物性タンパク質を摂取しましょう、といわれているのを見かけますが、 効率よくタンパク質を摂取しようと思ったら動物性タンパク質を食べないと話になりません。日本人女性はタンパク質不足だといわれていますから、 1日50〜100gを目安に頑張ってタンパク質を摂取するようにしましょう。

ささみや胸肉は脂肪分も少ないのでおすすめですよ。

「生活習慣」のカテゴリの他メニュー

 

ショック!お肌のゴールデンタイムは間違いだった!?

概要:肌トラブルを修復し、美肌を保つために最も重要な生活習慣といえるのが「睡眠」です。ただ、ここ最近になって良い睡眠の定義というものが変わってきています。その1つが「お肌のゴールデンタイム」というものはないということです。

 

お風呂で美肌になるは嘘!半身浴は肌にとって悪いこと!?

概要:お風呂が肌にとっていいことだと思っている人には悲報かも?乾燥肌にとっては長湯するのは肌に負担がかかってしまい、温泉もアルカリ性や酸性の泉質が肌の乾燥を促進してしまいます。

 

運動の美肌効果はこれだけのことが期待できます。

概要:運動したほうがいいとわかっていながら、まったく運動していない人がほとんどだと思います。運動不足は肌に酸素と栄養を届ける毛細血管が弱ってしまうので、肌トラブルの改善も難しいし、肌老化も進みやすくなるのは確実です。