運動の美肌効果はこれだけのことが期待できます。

→→ここでお伝えしたいこと←←

食事に気をつけたり、睡眠をしっかり取るように意識している人はいると思うんですが、残念ながら「運動する」ということについては、 最もないがしろにされている生活習慣ではないかと思います。いかがでしょうか?

週2回、30分のウォーキングをしています。⇒続けましょう!

生活習慣の改善のなかで運動するというのが実は一番難しいかもしれません。

というのも食事や睡眠と違って、運動はわざわざそのために時間を取らないといけないからです。 これまでの生活になかったものを自分の生活の24時間のなかに取りいれる、何かをはじめるというのは一番心理的な抵抗があるのではないかと思います。

※しかも、本音をいえばやりたくない場合は特に。

ジムに入会したり、家で出来るエクササイズDVDとか、いろいろ買ったり、やってみたけれど三日坊主で終わってしまったという人は多いと思います。 正直な話、どうやったらモチベーションを保てるか?ということは専門外なのでわかりません。

運動したほうが美肌になれるとわかっているのにそれができない、続けられないということは、「本気じゃない」としかいいようがないです。 肌をきれいにしたいなんて、今後口が裂けてもいわないほうがいいですね。

運動することのメリットは、血行促進・新陳代謝アップ・冷え症改善・自律神経の安定作用・ストレス発散などいろいろあります。 「汗は最高の美容液」とはカーヴィーダンスの樫木先生のお言葉ですが、運動することで身体のあらゆる機能が活性化されるので、肌の再生・修復力なんかにも影響するんだと思います。

運動の美肌効果というのは、これまで運動してこなかった人ほど実感できます。肌も体調もよくなって、「全身の細胞が動き出す」感覚を感じられるからです。

まずはストレッチ+ウォーキングからはじめて、ジョギングするぐらいまで運動の強度を上げられれば理想です。 1回30分、週に2回の運動習慣を身に着けることを最初の目標にして頑張ってみましょう。これができないうちはジムなどは入会しないほうがいいです。

顔のマッサージやツボ押しをして血行をよくしています。

運動の一番の効果は血行の促進と体の細胞や組織の活性化です。

血行不良になると、酸素や栄養が肌のすみずみまで行き渡らなくなりますから老廃物がたまり、肌がくすんできたり、乾燥しやすくなります。 毛細血管を通じて、肌に栄養と酸素がしっかり行き渡らせないかぎりは美肌にはなりえないということなんです。

というわけで常に血流をスムースに保つこと、毛細血管の力を維持することが必要になってくるわけですが、そのために効果的なのが運動であり、そしてマッサージやツボ押しなんですね。

運動ほどではありませんが、マッサージやツボ押しもまた血行を促進したり、溜まっている老廃物を流す効果があります。自己流のおかしなマッサージは肌に摩擦をあたえてしまうので、一度プロに教えてもらったほうがいいと思います。あるいは、かっさプレートを買って、そのやり方をマスターしたほうがいいです。

肌への負担を考えるとツボ押しのほうがホームケアには向いているのかな?と思います。

基本的に顔だけ血行不良になっているということはないので、顔が血行不良ならば全身がそうだと思ったほうがいいです。なので、顔だけマッサージやツボ押しをしたところで、根本が変わってないので、すぐにまたくすみやクマといった血流の悪さが影響する肌トラブルが出てくると覚えておきましょう。

全身を動かす運動があってこそのマッサージやツボ押しと考えたほうがいいかもしれませんね。マッサージやツボ押しだけでなんとかしようとするのは、一時的な効果はあっても長続きはしないのではないでしょうか?

「生活習慣」のカテゴリの他メニュー

 

ショック!お肌のゴールデンタイムは間違いだった!?

概要:肌トラブルを修復し、美肌を保つために最も重要な生活習慣といえるのが「睡眠」です。ただ、ここ最近になって良い睡眠の定義というものが変わってきています。その1つが「お肌のゴールデンタイム」というものはないということです。

 

美肌のためのグリーンスムージー&野菜が逆効果になることも!?

概要:ビタミンやミネラル、抗酸化成分を摂取できるということでスムージーや野菜を積極的に食べている方に知っておいてほしい正しい摂取方法と日本人女性の多くが不足しているタンパク質の重要性について

 

お風呂で美肌になるは嘘!半身浴は肌にとって悪いこと!?

概要:お風呂が肌にとっていいことだと思っている人には悲報かも?乾燥肌にとっては長湯するのは肌に負担がかかってしまい、温泉もアルカリ性や酸性の泉質が肌の乾燥を促進してしまいます。