乾燥肌の保湿ケアにはクリームこそが救世主です。

→→ここでお伝えしたいこと←←

肌への負担や肌の保水力の構造などを考えると、保湿ケアの中心になるスキンケアアイテムは、クリームだと思います。 とはいえ、世間一般的にはクリームの重要性や役割というのは理解されてません。そんなクリームについてこってり解説します。

クリームは、冬場や乾燥する時期にしか使わない⇒は間違い!?

クリームというと、油分で化粧水で肌にたっぷり与えた水分を蒸発させないようにフタをするものだと思っている人が多いと思います。 また、加齢とともに分泌量が減ってしまう皮脂を補うものという認識もあるかもしれません。

ほとんどの人は「乾燥肌=水分不足」だと思っているので、「クリーム=油分補給」は保湿においてあまり関係がないのでは?重要ではないのでは?と思われています。

そのせいか、普段のスキンケアにおいてクリームは、乾燥がひどくなる冬場にしか使わないとか、化粧水がしみて使えないときに使うぐらいという使い方をされていることが多いようです。 ベタつきが苦手だから使わないとか、夏場にはまず使うことはないという人もいるはずです。

じつにもったいない。。。。

肌が水分を保持できなくなった状態を乾燥肌といいますが、そんな肌にいくら水分を与えても全部、蒸発してしまうというのはわかりますよね? だから保湿ケアというのは水分を与えることではなく、肌みずからが水分を保持できるようにサポートするのが正解です。

そして、そのための第一歩というのは、油分で肌表面を覆って、水分蒸発を防ぐことなんです。

皮膚科にいくとアトピーや乾燥肌の保湿剤としてワセリンが処方されますが、 これは肌の乾燥を防ごうと思ったら、油分で肌をコーティングして、肌を保護してあげて、 その間に肌の自活力がバリア機能を回復させるのを待つという一番効果があるからです。

最近はニベアクリームを使って、肌がきれいになったとか、乾燥肌がよくなったという話をよく聞きますが、 このニベアクリームというのは、非常に油分が多く、油膜を作る作用に優れているので、肌を保護してくれる効果が高いクリームなんです。

なので、あれやこれやと「やり過ぎケア」をして疲れた肌に、ニベアクリームだけのシンプルケアをすると、肌からの水分蒸散を防ぐことができ、 なおかつ肌への負担が減るので、肌力が回復して本来の機能を取り戻すことができる⇒肌がきれいになるんですね。

よく夏場は、ベタつきが嫌だからということで、化粧水だけで保湿を済ませてしまう人がいますが、前述したように水分を与えることは保湿になりませんし、 濡れた肌が乾くときに肌内部の水分を道連れにして蒸発してしまうので、肌の乾燥を余計に促進してしまうことになります。

なので、化粧水を使うのならクリームは必ずセットで使って水分蒸発を防がないといけません。夏は紫外線や冷房の影響などで、 肌内部は乾燥していることが多いので、夏の保湿ケアにもクリームは不可欠です。

ニキビがあるときは乳液やクリームは使わない⇒は間違い!?

思春期の皮脂の過剰が原因のニキビであれば、確かに乳液やクリームは逆効果かもしれませんが、大人ニキビの場合は、原因が乾燥であるケースが多いので、 肌の水分を密閉して逃がさないために乳液やクリームを使ったほうがいいです。

ニキビのある肌に油分を含む乳液やクリームを使うのは、余計に毛穴が詰まってニキビが悪化しそうなイメージがありますが、実際は逆です。 乾燥を放置してしまうほうが大人ニキビの場合は、毛穴詰まりができやすくなり、ニキビになります。

心配ならノンコメドジェニフィックテスト済のニキビ化粧品の乳液やクリームを使いましょう。 アクネ菌のエサにならない油分や成分を使っているので、毛穴やニキビの状態が悪化することなく、使えるはずです。

「肌質」のカテゴリの他メニュー

 

25歳以降は、加齢による肌老化を考えたスキンケアを。

概要:お肌の曲がり角といわれる25歳を境にスキンケアは少しづつ変化をもたせたほうがいいかもしれません。シミやシワ・たるみといったエイジングサインや乾燥対策は25歳あたりからはじめておくと肌の良い状態を保てると思います。

 

保湿のしすぎが肌トラブルの原因になることがある。

概要:過剰なスキンケアが肌を弱らせるという話はよくあります。これって本当のことなんでしょうか?スキンケアにお金も時間も手間もかければキレイになると思っている人からすれば衝撃的な事実だと思います。

 

肌のキメの細かさや肌の強さや弱さはある程度、遺伝します。

概要:頑張ってスキンケアしている人よりも何もしていない人のほうが肌がきれいなことがあります。肌の美しさにも遺伝の影響が大きいのは間違いありませんが、生まれつき肌がきれいだからと調子にのっていられるは30代までです。