肌のキメの細かさや肌の強さや弱さはある程度、遺伝します。

→→ここでお伝えしたいこと←←

顔立ちや皮膚の色などが遺伝するように、肌質(キメの細かさ、厚さや薄さ、毛穴の大きさ、シミのできやすさetc...)というのは親から子へ遺伝します。 ただ、100%遺伝で決まるわけではないので、ケア次第で肌状態は変わります。

肌のキメの細かさや毛穴の目立ちやすさは遺伝? 

秋田美人は肌がきれいといいますよね?

あれは秋田県が日本で一番日照時間が短いという環境的な要因と、 遺伝的に肌のキメが細かい人が多いということがいわれています。というか、秋田にかぎらず、北国の人は肌が白くてきれいなイメージがありませんか?

肌のキメの細かさは遺伝でほとんど決まってしまうそうなんです。例えばキメの細かさに影響するものに毛穴の大きさがあります。 毛穴の大きさは男性ホルモンに影響されるため、男性はどうしても女性に比べて肌のキメは粗くなります。

ただ、女性のなかにも毛穴が目立つほど大きく、皮脂の分泌量も多いという人がいて、 そういう人は生まれつき男性ホルモンに対する感受性が高いため皮脂腺が発達しているケースが多いです。当然、キメは粗くなります。

他にもキメの細かさには皮膚の薄さも影響します。これもまた男性より女性のほうが皮膚が薄いので、 女性の肌のほうが一般的には柔らかくスベスベした肌をしています。男性の肌って厚ぼったくてゴワゴワしてますよね。

(※ただ、皮膚が薄いことは、バリア機能が弱くなるので、刺激や乾燥に弱いというデメリットがあります。)

肌のキメ以外にも遺伝する肌の特徴には、肌色(=シミのできやすさに影響)、目の下のクマのできやすさ(顔の骨格も影響)、 ニキビの悪化しやすさ(皮脂腺の発達)があります。

肌がキレイと褒められる女性は、その母親も肌がきれいなことが多いですから、肌質が遺伝するというのは間違いないと思ったほうがいいです。 ただ、当たり前ですが、肌の美しさは遺伝ですべてが決まるわけではないです。 紫外線対策をしっかり行っているかどうか、肌にプラスとなる生活習慣を送っているかどうかも大切な要素です。

旦那(彼氏)のほうが肌がきれいなんですが。。。。

たまにいるんですが、男性で恐ろしく肌がきれいな人がいます。

そういう男性を旦那さんや彼氏にした女性は、自分の肌と比べて、 スキンケアでは越えられない壁を痛感すると思います。しかも、肌がきれいな男性に共通するのは、肌にかんしてほとんど何もしていないということ。

「やはり肌がきれいかどうなというのは遺伝で決まるんだー」と泣きたくなる瞬間です。

ただ、この遺伝による美肌というのはもって40歳ぐらいまでです。そこから先はUVケアを含めた生活習慣の影響のほうが強くでてきます。 質のいい睡眠をとれているか、栄養バランスのとれた食事をしているか、ストレスや喫煙の有無、運動する習慣があるかどうかなどが肌表面に顕著にあらわれてくるんです。

最近は、双子を被験者とした研究がいろんな分野で行われていて、美容にかんしても肌老化がどのように進むか?何が影響するのか?についての研究がおこなわれています。 そうした研究からはわかったことは、喫煙の有無や過剰な糖質の摂取など生活習慣の影響が肌老化に深刻な影響を与えてしまうということです。

間違ったスキンケアによって、肌に負担をかけて、それが肌老化を促進してしまっているということもあるんですが、 過剰な糖質による糖化の影響やさまざまな刺激で発生する活性酸素による酸化ダメージも40歳をすぎるとバカにならなくなってきてしまうんですね。

「炎症」「酸化」「糖化」という老化を促進する要素は遺伝ではなく、日頃の生活習慣によるところが大きいです。

皮膚は目で見て触れることもあり、皮膚の外側からのケアが素早く効果もあげられそうなイメージがあるので、 スキンケアをしっかりやっていれば、老化を遅らせることができると思いがちですが、 表皮の奥や真皮層にまで働きかけるようなケアというのはスキンケアでは不可能です。

健康できれいな肌は表面的なケアだけでは作ることはできません。身体の内側から肌を育てるケアにも意識を向けて、 生活習慣を整えなければ、美しい肌にはならないということです。

「肌質」のカテゴリの他メニュー

 

25歳以降は、加齢による肌老化を考えたスキンケアを。

概要:お肌の曲がり角といわれる25歳を境にスキンケアは少しづつ変化をもたせたほうがいいかもしれません。シミやシワ・たるみといったエイジングサインや乾燥対策は25歳あたりからはじめておくと肌の良い状態を保てると思います。

 

保湿のしすぎが肌トラブルの原因になることがある。

概要:過剰なスキンケアが肌を弱らせるという話はよくあります。これって本当のことなんでしょうか?スキンケアにお金も時間も手間もかければキレイになると思っている人からすれば衝撃的な事実だと思います。

 

乾燥肌の保湿ケアにはクリームこそが救世主です。

概要:油分で肌を覆うクリームは水分不足の乾燥肌のケアには別に必要ないんじゃないの?と思っている人がいます。しかし、それは大きな間違い。保湿にはクリームは不可欠です。クリームを使わないから肌が乾燥するんだといってもいいぐらいです。